×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

学習塾を選ぶ失敗しないポイント

さまざまな学習塾の中から、子供に最適な塾をと選ぶのは大変なことです。
失敗しない学習塾選びのポイントは何なんでしょうか。
大手学習塾の広告やパンフレットはきれいで清潔感がありますが、見た目だけでなく、内容をしっかり確認しなくてはいけません。
塾の教育方針や、目的が明確に表現されている学習塾は、信頼できる対象ですが、担当者と話すことが重要です。
志望校合格、成績向上などの目標を、どのように達成させていくか、はっきりとわかる学習塾を検討してみることです。
授業の時間割やコース、授業料がわかりやすい塾は、後でトラブルが起こる可能性は少ないでしょう。
まとめて授業料を納入させ、退塾しても返金してくれない儲け主義の塾もあるので、毎月支払う月謝制の学習塾が安心です。
合格実績だけでその学習塾に決めてはいけません。
生徒が多い大手塾やチェーンの塾なら、合格する人数も多いのが当たり前で、その塾の合格者だけでなく、提携している塾の合格者まで加えている場合があるようですので、合格実績で評価しないように注意してください。

大手学習塾と個人経営塾の比較と利点

子供を学習塾に通わせる場合、大手学習塾か、個人経営の塾にするか悩んでしまいますね。
大手学習塾の利点は、情報を多く得ることができることや、模試を多く行い、合格実績が多いことなどです。
しっかりした授業カリキュラムになっているので、安心して授業が受けられます。
短所は、マニュアルに従った授業で、学校の延長のようであり、通うのに時間がかかる場合があり、生徒同士の競争をあおるような感じなどです。
個人経営塾の利点は、先生に質問しやすいこと、親身になって教えてくれること、通うのに便利なことなどです。
地元の学校の情報を持っている場合が多いので、テスト対策を行ってくれたりもします。
また、子供ごとの理解度に応じた授業が受けられるところもあります。
短所は、学習の競争相手が少ないため、なかなか意欲がもてない場合や、大手学習塾で受けられるような模試がない場合もあります。
ホームページのある塾が多いので、そこから情報を得たり、口コミなどで比較してみてください。
関心のある学習塾にはいろいろ相談するのがいいでしょう。

家庭教師と学習塾の比較

家庭教師を頼んで家で勉強か、それとも学習塾に通わせるか、どちらがいいのでしょう。
家庭教師は子供と先生が1対1なので、子供にあわせた指導がしてもらえ、学校の教科書やテキストはもちろんのこと、通信学習の添削などの面倒もみてくれます。
さらに、勉強以外のことについても、質問に答えてもらうことができ、子供にとって家庭教師は、とても親密に感じる場合があります。
家庭教師は、生徒の状況にあわせて指導内容や計画を決定していきますが、子供が先生とでうまく相性が合わなかったり、先生が苦手な分野を指導する場合は、しっかりと指導ができなくなるデメリットがあります。
学習塾は、1人の先生に対して数名から多人数の生徒の指導です。
集団指導になるため、先生は完全には生徒全員のことを把握できないこともあります。
しかし、学習塾では地元の学校の情報や、受験などの情報を多く持っています。
塾の先生は、少し距離があるように感じる子供もいますが、個別指導の行う塾も多くなってきています。
家庭教師と学習塾のどちらにも長所・短所がありますので、よく考えて最適な学習方法を見つけてください。

Copyright © 2008 学習塾の比較と家庭教師の長所短所